ほとばしる





「この光景さえをも、美しいと感じる心が・・・***なのです。」

と、その方の目は
決して遠くを見つめて言った訳では無かったのだ

すぐそこにある、白骨化したもの達と
脇に芽生えた緑色

そのどちらをも
愛しまずにはいられない

ほとばしる

何かが、あったから



2010年12月




HOME